冠婚葬祭の重要性

葬儀にかかる費用の傾向

日本人は非常に冠婚葬祭を重要視する傾向にあります。それは冠婚葬祭は日本人にとって非常に重要な節目であり、ライフステージが変わる重大な局面であるからなのです。また日本での冠婚葬祭では多くの人が集まり、宴が繰り広げられ思い出話などに華を咲かすのです。そのため日本人にとって冠婚葬祭は一種のお祭りごと、人の集まる楽しみ事でもあり日本人は非常にこれを重要視するのです。そのためかつての日本では冠婚葬祭に非常にお金をかけていました。葬儀費用などは100万円以上をかけるのが一般的であり墓石や霊園の費用を含めると300万円前後の費用が掛かるのが一般的でした。またかつての日本では香典を参列者から受け、返礼品をたくさんする文化も見られたのです。

終活の歴史や変遷について

こうした葬儀の段取りや準備、手配に費用と言うものは個人の遺族が全て用意するのがかつての日本では一般的でした。しかし現代ではこうした固定概念は崩れつつあるのです。自分の亡き後、妻や子供に費用や葬儀の負担をかけたくないとして終活をする人が多くなっています。終活とは自分の葬儀を自分でプロデュースしたり、費用や準備、手配を自分で行うのです。終活では自分で葬儀社に相談しどのような形で葬式を執り行うかを生前に相談したりするのです。又その費用も先に自分で前払いしたりするのです。また自分の葬儀は自分で見届けたいとして生前葬にする人もいるのです。生前葬では知人や友人を集めて謝罪したり礼を述べたりできるのです。また終活には自分が亡き後子供たちが揉めないように遺産整理をする人もいます。このように現代では葬儀のあり方そのものが変化し、終活をする人が非常に増えているのです。

Copyright© 2015 知っているおく事がいつか大きな武器になる墓地の知識All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com